プロフィール

花岡 ゆかり
カラーコーディネーター

思えば色を好きになったのはいつだったのでしょうか。

今日着ていく洋服の色合わせや、ハンカチはどれが合うかな?と

いろいろ悩むことが楽しみになってきたのは、小学生の頃でした。

大学生のころは、芸術学を選択していて、美術館をめぐったり、博物館で実習をしてたくさんの色に接していましたが、まだ、『色』という視点を意識していたかというとそうでもなかったように思います。

色の勉強は、20代のころパソコンのインストラクターをしていたときに、通信教育でカラーコーディネーター講座を受講したのがはじまりで、それから独学で色彩検定などを受験しました。

仕事とは関係なく趣味ではじめたのがきっかけです。

その後、色とは無関係にさまざまな仕事をしてきましたが、10年ほど前にパーソナルカラーを使ったファッションコンサルティングを受けた先生からカラーについて学び、そこからカラーを仕事にするようになりました。

本当に色は奥が深く、興味深く、飽きることがなく、その後も色彩心理や色彩学を学んで現在にいたります。

わたしたちは色にかこまれて生活していて、色は衣食住に大きな役割をになっています。

しかし何より、色はみていて楽しい。

色の組み合わせの繊細さが楽しくて仕方がないのです。

Couleur(クルール)という名前はフランス語でまさに『色』。

『色』を楽しみ、『個性』をいかす、を目標にしたいと考えてこの名前にしました。

どうぞ『色』を味方に、毎日の暮らしがもっと楽しくなりますように。

 

現在、古き良き日本を海外に伝えるプロジェクトで、フォトグラファー、ライターとして参加して、日本の美しさを写真や動画で海外に発信する活動もしています。

古き良き日本を楽しむフォトマガジン
ノスタルジックジャパン

http:/nostalgicjapan.net/
http://nostalgicjapan.com/(英語)


高野 真由美
イメージコンサルタント・ウォーキングインストラクター

小さい頃は塗り絵と着せ替えが大好きで、こっそり母の化粧品と洋服を持ち出して、
ファッションショーをして遊んでいました。

そんな私が色の勉強を始めたのは、大人になってアパレルの販売をしていた頃。
色の事を知れば、お客様に「もっと説得力のある接客ができるかもしれない。」と思ったのがきっかけです。
独学で色彩検定2級まで進みましたが、この先理論を深めるよりも、
もっと人に目を向けた色の勉強をしたいと思い、パーソナルカラーを含むイメージコンサルを学ぶため
東京に通いました。

私自身がパーソナルカラー診断を受けたい、ファッションコンサルを受けてみたいというより、洋服の販売に役立てたいとの思いから色を勉強してきました。

ひとに伝えたい、役に立ちたいという思いから始まった色を、もう一度原点に戻って、皆さんが色を理解し安心して色を楽しむことができるよう、色をお伝えしていこうと思います。


<資格>

  • ベストカレッジ認定イメージコンサルタント
  • ベストカレッジ認定ウォーキングインストラクター
  • NARD認定アロマ・アドバイザー
  • TCカラーセラピストトレーナー